暴騰中のテラはどこまで上げるのか



テラ 5月15日の日足

新型コロナウイルス関連で後発のテラが暴騰

通常運転時は約100円だったテラですが、5月15日(金)に現在463円(+80円)ストップ高張り付きで終了。

ストップ高6連発してストップ安後、またストップ高。

株価が安いので値動きが極端。

大口が買えばドンと上げるし下がる、ジェットコースター株になってます。

6倍でストップか?再度上げるか?
1回目の暴騰IR

4月27日、CENEGENICS Japan(東京都中央区)と新型コロナウイルス肺炎に対する間葉系幹細胞(MSCs)を用いた治療法の開発に関する共同研究契約を締結し、新型コロナウイルス感染症に有効な新薬の開発に係る事業を新たに開始すると発表。
引用 モーニングスター社

これで6連続ストップ高!

2回目の暴騰IR

5月14日引け後、同社はCENEGENICS Japan(東京都中央区)との共同研究契約に基づき、メキシコにおいて、間葉系幹細胞を用いた新型コロナウイル肺炎に対する臨床研究が開始されたと発表、材料視された。
 今回、新型コロナウイルによる中程度から重症の肺炎患者に対して臍帯由来間葉系幹細胞の安全性および有効性を検討するもので、標準治療を対象として実施される。間葉系幹細胞は、脳こうそくの治療、心筋こうそくや動脈硬化などの虚血性心疾患の治療、脊髄損傷の治療、慢性閉そく性肺疾患や間質性肺炎の治療など、障害を受けた細胞の治癒(ゆ)が期待されている一方、自分の免疫によって攻撃される病気である関節リウマチなどの自己免疫疾患の治療として研究が進められている。
引用 モーニングスター社

メキシコでの新型コロナウイル肺炎に対する臨床研究が開始

1回目のIR時は100円ほどの株価だったこともあって、6連続スト高でしたが、2回目のIR、

『メキシコでの新型コロナウイル肺炎に対する臨床研究が開始』

の方が個人的にIRとしてはインパクト大な気がして少しだけ購入してます。

今後の値動きというか、機関や仕手が、どのような動きをさせるか、が見てたいし、上がったら儲けものなんで買ってます。

新型コロナウイルス関連では、注目度でいうとまだアンジェスが1番ですが、時価総額が高過ぎなんですよね。

時価総額、株価ともに安いテラを大化けさせてくる機関や仕手がありそうな気もしますので、引き続き監視銘柄です。