新型コロナの影響でフラット35の返済が困難な方に朗報。返済方法変更の相談が可能に



返済方法の変更ができるかも

一定の要件を満たす方はフラット35の返済方法変更ができます

3つのメニュー

新型コロナウイルスの影響で下手したら会社倒産、リストラがある状況です。

ボーナス返済なんてできるかわからないです。

どれだけ支給されるか、もしくはされないか、会社から告げられてれば判断しやすいけど、今の段階でわからないですよね。

ボーナスが確実にもらえる見込みがある人以外は、変更を検討しておいたほうがいいでしょう。

3つのメニューから2つを組み合わせることもできます。

フラット35の返済特例の要件とは?どんな人が変更できる?

対象の1はわかりやすいけど、2は自分で判断しにくいと思います。

まだボーナスがもらえるか、年収はいくらになるか、がわからない状態なので、相談に行ったほうが早いです。

フラット35の返済特例を申請する窓口はどこ?

相談窓口はご自身がローンを借りた金融機関です。

住宅金融支援機構にいく必要はありません。

毎月のご返済が遅れた場合にかかる延滞損害金のお支払についても相談にのってもらえます。

いずれもご利用中の金融機関の窓口に相談に行ってください。