持病ありで購入した住宅



住宅購入に至るまでいろいろありましたが、持病ありで団信に入れないことがわかり、その他の保険会社の保険商品も調査し、結果、住宅購入を決断しました。

が、

「新型コロナウイルスという感染症が世界的に拡大」「景気後退」「世界同時株安」

そんなこと、あのときは想定してませんでした。

持病ありで住宅購入
開発工事中

新型コロナウイルス感染拡大で景気後退の中、住宅購入して大丈夫なのか心配

住宅を購入決断したときは、新型コロナウイルスはまだ出てなくて、ここまで状況が変わるようなこと、景気後退になることは想定してなかったので、

正直、超不安です!

それでなくても、持病ありで団信に入れなかったので、その部分でも不安があったのに、景気後退の不安が追加された形になりました。

持病ありで住宅購入
開発工事中
開発工事完了
基礎工事開始
コンクリートが打たれてます
接近してみる
基礎完成
正面
めっちゃ、小さいおうちですな(笑)

新型コロナウイルスの影響で会社が倒産したり、リストラされる話が出てます。

明日は我が身かもしれない不安が追加されました。

路頭に迷う自分が夢に出てきそうです。

コロナの影響ではなく、悪天候予報のため上棟が延期になりました

4月13日上棟の予定でしたが、降水確率90%の雨予報のため17日に変更になりました。

建築がこれから進んでいきますが、新型コロナウイルスの影響でまだトイレ関係などの納期が未定だそうで、工程も未確定です。

いま住んでる賃貸マンションの解約通知はまだできません。

引越し先の住所は現学校区と違うので通学先が変わる件

中学生になる長男と小学生になる次男は、まだ新住居が完成してないので、現住所から違う校区の学校へしばらく通学する必要があるため、事前に市役所に相談してました。

契約書をもっていき、説明すれば住宅完成までは違う校区の学校へ、現住所から通学する許可はもらえます。

ただ一学期中に引越しすることが条件のようです。

いまのところ6月中旬完成予定ですが、コロナの影響次第で入ってこない資材があれば伸びてしまいます。

事の性質上、延期になっても理解いただけるとは思いますが、また何かしら提出書類は必要かもしれません。

とは言え、入学式だけして学校は休学中