持病ありで団信に入れないので、団信なしで住宅購入する方法を探してみた結果

2020年4月4日



結論から言うと、

フラット35なら団信なしを選択できる

しかも金利が0.2%下がる!  

<その他の方法>

・奥さんでローン組めるなら名義を奥さんにして購入する

・現金で購入する

・親などにお金を借りる                                                                                                                        

現実的にフラット35一択。

条件が当てはまる優良住宅なら

「フラット35S」

でさらに

当初5年もしくは当初10年の金利が0.2%下がる!    

僕の場合、この1択になりました。

奥さんが働いていて所得が結構あるなら、奥さんの名義で住宅ローンを組む方法もありますが、 僕の奥さんはパート事務員で無理。      

フラット35の場合はどこも金利は同じなので、手数料の安い銀行を不動産会社の担当者に調べてもらいましょう。


最終的に、

■フラット35S B

(Aは融資金額が購入額の90%未満の人、ようは頭金がある人)

■団信なし

■融資金額3080万

(当初銀行で試算してたので3200万でしたが、団信の保証料がないので少なくなる)

■返済期間31年(48歳融資実行)

■金利:当初5年1.02% 6年目以降1.27%

ここがAとBで変わる部分でAは当初10年0.25%安くなります。

■取り扱い銀行はりそな銀行

事務手数料安いです(27万くらい)      

団信なしでは残された家族が不安では?

妻に聞くと私が死亡したら住宅売却する覚悟がありました。                     

とはいっても残してあげたい!

団信に代わる生命保険に入るべきか検討してみました。